ドクターヘリは人の命を救うヘリコプター

subpage01

ドクターヘリは、時間をかけることなく患者のいる現場に向かう救急医療用ヘリコプターです。
日本においては平成19年に制定されたドクターヘリに関する法律により定められています。

ドクターヘリのいろいろな情報を集めました。

機体に救急医療のための医療機器などを装備し、医師や看護師が同乗。はやい時間で救急現場に到着します。そして現場から医療機関に搬送するまでの時間、患者さんに救命医療を行い命をつなぎます。


救命医療を必要とする患者が発生した場合、少しでもはやく救命医療を行うことで命を救うことができることや後遺症が軽減されること。
そのような医療を実現するための体制の1つとしての救命医療用ヘリコプター。

日本においては2001年に岡山県でドクターヘリの導入促進事業が開始されました。
2015年には様々な地域で50機以上が運用されています。



人口が多く病院が多い地域においては救急医療の体制が整備されていますが、人口が少なく病院や医師、看護師が少ない地域では、ドクターヘリを導入する必要性が高いこと。


今後はそのような地域を重点的に整備する必要があります。
全国的に普及することが難しい原因はその費用の高さ。



1カ所あたり年間2億円以上といわれ、国や地方自治体が負担しています。

そして医師や看護師医療スタッフの確保や乗員の養成。ヘリポートや着陸するための場。
明るい時間帯でないと離着陸が難しいことなど、解決を必要とする課題が多くあります。ドクターヘリにより救急医療が行われることで命が救われることは多く、その導入が期待されています。