正確な地図製作が可能な航空レーザー計測について

subpage01

地図を製作する時には航空機から地上を撮影して、写真を基にして地図製作が行われていました。
しかし、写真の場合にいは地上との距離などに応じて誤差が生じやすく、正確な地図を製作するためには一定の高度で写真撮影が必要になるなど手間や時間を要する事になります。

航空レーザー計測技術のご紹介です。

これに対して航空レーザー計測の場合は、レーザー光線を上空から照射、レーザー光線が地上で反射して戻る時間を計算して測量を行うなど、正確な地図を製作する手法として注目を集めています。



写真撮影と違い山間部の地図を正確に製作出来るのも航空レーザー計測の特徴です。
航空機からレーザー光線を地上に向けて発射すると地上に到達したレーザー光線は反射して航空機に戻ります。



航空機の現在位置は常に変化をしているので、反射したレーザー光線が戻る時間だけでは正確な地図を製作する事は出来ません。

航空レーザー計測が正確な地図を製作出来る秘密は、反射するレーザー光線との時間差で得る事が出来る地上までの距離、慣性計測装置やGNSS測量機などにより得る事が出来る航空機の位置情報を正確に捉える事が出来るからです。慣性計測装置はIMUと呼ぶ装置で、角速度と加速度を検出します。
GNSS測量機は全地球航法衛星システムで、人工衛星からの位置情報を用いて航空機の現在位置を正確に捉える事が可能になります。航空レーザー計測で収集したデータを3次元画像に加工して正確な地図を製作する事が出来ます。