飛行機を貸切で利用する費用とは

subpage01

学校の修学旅行や会社などの団体旅行の際に公共の交通機関ではなくて貸切バスを利用して移動することが一般的に行われています。

これと同じように飛行機旅行についても貸切で利用することが可能です。

大きな航空会社であれば定期便が就航していない路線でもチャーター便を利用することができます。
飛行機を貸切で利用する場合の1人あたりの費用の目安ですが、航空会社のチャーター便であれば全部の席が埋まるとして正規運賃に相当する金額の約6割程度となります。
ほぼすべての席が埋まるぐらいの人数が旅行をするのであれば、普通にチケットを購入して定期便を利用するよりもお得です。

飛行機の貸切サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

実際に各種団体旅行や旅行会社が企画するツアーなどでチャーター便が利用されています。ちなみに民間人の団体旅行以外にも首相の外遊の際に政府専用機が利用できないような場合には今でも航空会社から飛行機をチャーターすることが行われています。一部の富裕層向けに数人乗りの小型ジェット機を貸切で利用できるサービスもあり、贅沢な旅行を楽しむことができます。



貸切で小型ジェット機を利用する場合の費用は母港からのトータルの飛行時間と空港使用料の合計となります。



例えば定員が6目にの小型ジェット機を羽田を母港とする会社に東京から那覇まで往復(約6時間)の利用でトータルの料金は700万円弱です。

行き先が海外でも利用可能で、例えば東京とマニラを往復する場合の料金は約1000万円となります。